はじめてのConoHa WING

ConoHaで無料で使えるWebフォントでサイトの見映えをアップしよう!

 

れんた
WEBサイトの見映えって大事ですよね。内容は同じ事が書かれていても集客力や訪問者の滞在時間が全然変わってくるんです。

 

その見映えアップ手段の一つにフォント変更がありますが、ConoHa WINGレンタルサーバーではWordPressでつかるWebフォントをなんと"無料"で提供してくれるんです!

\ WINGパックならドメイン1つ無料

 

今回は、ConoHa WINGレンタルサーバー上のWordPressでWebフォントを設定・使用する、を最終目的とし以下の順で説明したいと思います。

Webフォントとは?

ConoHaのWebフォント仕様

WordPressでWebフォントを設定・使用する方法

 

Webフォントとは?

 

れんた
まずは「Webフォント」について簡単に説明しておきたいと思います。

 

Webフォントとは、サーバー上にあるフォントデータをインターネットを介して配信し、閲覧者側のWebブラウザで表示させる仕組みのことです。

 

Webフォントの仕組み

Webフォントの仕組み

 

閲覧者側のパソコンに指定されたフォントが搭載されていなくても、サーバーからダウンロードしたフォントを表示させることができるんです。

そのため、サイト制作者が用意したデザイン性に優れたフォントを意図通りに閲覧者に提供することができるんです。これがWebフォントの最大のメリットとなります。

 

ConoHaのWebフォント仕様

 

れんた
次はConoHa WINGのWebフォント仕様について説明しますね。

 

次の表が(ConoHa WINGの)Webフォントの仕様になりますが、

料金 無料
対象プラン 全プラン利用可能
利用可能ドメイン数 1台のサーバーにつき、サブドメインを含めて3ドメインのみ
PV数 75,000PV/月
利用可能書体 33書体

 

冒頭に説明しました通り、ConoHa WINGではWebフォントを無料で使用できるんです。

但し、月に75,000PV(1日で計算すると2,500PV)までという制限がありますが、有名ブログでないとなかなかそこまでいかないので当面は心配不要かと思います。(^^)

 

あと個人的にありがたいと思うのは、サイトのテーマに応じた「フォントテーマ」を7パターン用意してくれていますので書体の組み合わせに悩む必要がないんです。テーマに応じたおすすめフォントセットって感じですね。

【フォントテーマ(7パターン)】
ベーシック 【見出し】ゴシックMB101 M / 【リード】ヒラギノ角ゴ W2 / 【本文】TBUDゴシック R / 【太字】TBUDゴシック E
ビジネス 【見出し】見出ゴMB31 / 【リード】UD黎ミン R / 【本文】】UD新ゴコンデンス 90 L / 【太字】UD新ゴコンデンス 90 M
ポップ 【見出し】キャピーNB / 【リード】じゅん 501 / 【本文】じゅん 201 / 【太字】じゅん 501
クリスプ 【見出し】DSダダ / 【リード】DSそよ風 / 【本文】トーキング / 【太字】トーキング
ラグジュアリー 【見出し】A1明朝 / 【リード】A1明朝 / 【本文】UD黎ミン R / 【太字】UD黎ミン B
このは1 【見出し】ハルクラフト / 【リード】ハルクラフト / 【本文】那欽 / 【太字】那欽
このは2 【見出し】はるひ学園 / 【リード】丸フォーク M / 【本文】シネマレター / 【太字】シネマレター

 

また後ほど説明しますが、その7つのフォントテーマをワンタッチで簡単に切り替えることができるのもGOODなんです。

 

ちなみに、本ブログの別記事タイトル(10年後もAIに奪われない仕事とは?サラリーマンにおすすめの副業はこれ!)を「WordPress標準のフォント」から「7つのフォントテーマ」に実際に変更してみたものが次になります。

Webフォントのサンプル例

 

フォントテーマによってかなり印象が変わってくるのが分かると思います!サイトのテーマに合わせて色々トライしてみたくなりましたでしょうか!?(^-^)

 

WordPressでWebフォントを設定・使用する方法

 

れんた
それでは、ConoHa WINGレンタルサーバー上のWordPressでWebフォントを設定・使用する方法を説明したいと思います。

 

※ConoHa WINGのお申し込みがまだの方は次の記事を参考にしてみてください。(無料で10日間お試しも可能ですよ!)

 

それでははじめましょう。まずはConoHa WINGのコントロールパネルにログインします。

無事ログインできましたら、「WING」タブ「サイト設定」をクリック後、上部の「基本設定」タブをクリックします。

ConoHaコントロールパネル 基本設定

 

そして、「基本設定」項目「Webフォント」項目をクリックし、その中の「利用設定」ONに変更します。

ConoHaコントロールパネル 基本設定のWebフォント設定

 

れんた
これで、コントロールパネル側での設定は完了となります。

 

次はWordPress側の設定になります。

 

※WordPressのインストールがまだの方は次の記事をご覧ください。

 

最初にWordPressの管理画面にログインし、左サイドメニューの「プラグイン」メニューをクリックします。

WordPress管理画面のプラグインメニュー

 

次に、プラグインのリストの中にある「TypeSquare Webfonts for ConoHa」「有効化」をクリックし有効化します。

WordPress管理画面 Webフォントプラグインの有効化

 

左サイドのメニューに「TypeSquare Webfonts」メニューが追加されるのでクリックして設定に入ります。

WordPress管理画面 Webフォントプラグイン選択

 

そして、プルダウンからご自身のサイトに設定したい「フォントテーマ」を選択して、「フォントテーマを更新する」ボタンをクリックして設定完了です。あっという間にWebフォントの設定が完了しましたね!

WordPress管理画面 Webフォントタイプの選択

 

それでは実際にフォントがどう変わったか見てみますと、次のようにがらっと変わったのが分かるかと思います。印象がかなり変わりましたね~。(ちなみに変更後のフォントテーマは「このは1」です。)

Webフォントタイプの変更前と変更後

 

参考情報

ちなみに、残りのPV数については、「サイト管理」⇒「サイト設定」⇒「基本設定」「Webフォント」で確認することができますよ。

 

以上で今回の記事は終了となります。最後まで読んでいただきありがとうございました!(^^)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ConoHa WINGレンタルサーバーで無料で提供してくれます「Webフォント」について次の順に説明させてもらいました。

  • Webフォントとは?
  • ConoHaのWebフォント仕様
  • WordPressでWebフォントを設定・使用する方法

サイトテーマに合ったWebフォントに数クリックで切り替えて見映えアップできることが分かっていただけたと思います。

ぜひご自身のサイトの記事内容やコンセプトに合ったフォントテーマを見つけて欲しいと思います!!

今回、Webフォントが無料で使えるConoHa WINGレンタルサーバーって魅力的だなーって思われた方はぜひ試してみてください!Webフォントの無料提供は数あるメリット中の「One Of Them」です。その他に、国内最速の速度だったり、格安費用プランのWINGパックであったり、、、と本当にすんばらしいレンタルサーバーなんです。おすすめですよ!(^-^)

 

れんた
繰り返しになりますが、ConoHa WINGは本ブログおすすめのレンタルサーバーですので選んで後悔しないと断言できます。レンタルサーバーでお悩みの方は、ConoHa WINGの扉を開き夢の実現に向けて羽ばたいてください!(ウィングなだけに。。)

 

\ WINGパックならドメイン1つ無料

 

 

-はじめてのConoHa WING

Copyright© WEBレコ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.