はじめてのConoHa WING

ConoHaだとファイルアップロードが楽すぎ!ファイルマネージャー機能の使い方を解説

 

ConoHaのファイルマネージャー機能とは?

 

れんた
ブログやアフィリエイトサイトを運用していく上でサーバーにファイルをアップロードしたり、サーバーからダウンロードしたりする機会は結構あるんです。

 

例えば次のような場合ですね。

WordPressで作成したブログ記事データ(Webデータ、データベース等)を手元のパソコンにバックアップするためにサーバーからデータをダウンロードする。

WordPressのPHPプログラムを修正するため、サーバーからプログラムをダウンロードし、編集後に再度サーバーにアップロードする。

 

通常、レンタルサーバーとデータをやりとりするには、パソコンに「FTP(File Transfer Protocol)クライアントソフト」をインストールして行う場合が多いです。(FTPクライアントソフトとしては、WinSCPFileZillaなどが有名ですね。)

 

しかし、特にパソコンに不慣れな方にとっては、サーバーとの接続設定(特にSSL暗号化通信の設定など)でハマったり、FTPクライアントソフトの操作を覚えるまでに時間がかかったり、と結構敷居が高かったりします。

 

そんな中、ConoHa WINGでは、サーバー上のファイルをWebブラウザ上で簡単&直感的に操作できる「ファイルマネージャー」機能提供してくれているんです。

 

国内最速のスピードを誇る新進気鋭の「ConoHa WING」

ConoHa WINGのサイトへ

 

それでは、サーバー上のPHPファイルを編集する場合を例に「FTPクライアントソフト」と「ファイルマネージャー」の操作の違いを比較してみましょう!

「FTPクライアントソフト」と「ファイルマネージャー」の違い

「FTPクライアントソフト」と「ファイルマネージャー」の違い

 

「FTPクライアントソフト」の場合は、①サーバーからファイルをパソコンにダウンロードし、②パソコン上のエディターソフトを使ってファイルを編集します。その後、③ファイルをサーバーにアップロードする、ことになります。

対して、「ファイルマネージャー」の場合は、Webブラウザでサーバーにアクセスし、Webブラウザ上で直接ファイルを直接編集する、だけなんです。

 

「ファイルマネージャー」のメリットをまとめますと、

FTPクライアントソフトをインストールする必要がない

Webブラウザでサーバー上のファイル・フォルダを直接操作できる(いちいちパソコンにダウンロードして編集後にアップロードする必要がない)

Windowsのファイル・フォルダを操作する感覚で直感的に操作できる

となっており、特に初心者の方にとってはありがたい機能となります。

 

れんた
それでは次に「ファイルマネージャー」の基本的な使い方を説明していきたいと思います。

 

ConoHa WINGのファイルマネージャー機能の使い方

 

まずは、ConoHa WINGのコントロールパネルにアクセスし、「メールアドレス」「パスワード」を入力しログインします。

ConoHa WING コントロールパネルのログイン画面

 

ログインできましたら、トップ画面上部の「WING」タブをクリックし、左サイドメニューの「サイト管理」をクリックします。

ConoHa WING コントロールパネル サイト管理メニュー

 

次にサイト管理メニューの中の「ファイルマネージャー」をクリックしファイルマネージャーを起動します。

ConoHa WING コントロールパネル ファイルマネージャーメニュー

 

ログイン画面が表示されるのでFTPアカウント「ユーザー名」「パスワード」を入力して「ログイン」ボタンをクリックします。

メモ

FTPアカウントの作成がまだの方は、「サイト管理」⇒「FTP」⇒「FTPアカウント」で作成しておきましょう。

 

ConoHa WING ファイルマネージャーのログイン画面

 

無事ログインできると次のような画面が表示されると思います。

ConoHa WING ファイルマネージャー トップ画面

 

れんた
Windowsのエクスプローラー(ファイル管理ツール)に似ているので馴染みやすいと思います。

 

それではファイルマネージャーの画面構成について説明したいと思います。

次の図の領域①サーバー上にあるフォルダが表示され、領域①で選んだフォルダの中身が領域②にずらっと表示されます。そして、領域③には30個ほどのアイコンが表示されますので、そのアイコンを使ってファイルやフォルダを操作することができます。

ConoHa WING ファイルマネージャー トップ画面の説明

 

また、アイコンを使っての操作以外に右クリックメニューでファイルやフォルダを操作することもできます。例えばファイルをダウンロードするには、ダウンロードしたいファイルの上で右クリックして「ダウンロード」選択するだけで簡単に手元のパソコンにダウンロードできるんです。

ConoHa WING ファイルマネージャーからファイルダウンロードをクリック

 

さらに、ドラッグ&ドロップによるファイル操作にも対応しているんです。例えばパソコン上にあるファイルをサーバーにアップロードしたい場合、ファイルを左クリックしたまま②の領域にドラッグし、ドロップするだけアップロードできるんです。

 

ちなみに、サーバー上のファイルをわざわざ手元のパソコンにダウンロードしなくてもファイル編集ができてしまうんです。(編集したいファイル上で右クリックして「ファイル編集」⇒「CodeMirror」をクリックで編集できます。)

ConoHa WING ファイルマネージャーでファイルを編集

 

れんた
Windowsのエクスプローラーの操作感に似ているのが分かっていただけたと思います。その他に、ファイル名を変更したり、フォルダをアーカイブしたり、ファイルの属性(権限など)を変更したり、とファイル・フォルダ操作のほとんどをファイルマネージャー上でできてしまうんです。すばらしいですね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ConoHa WINGのファイル管理機能である「ファイルマネージャー」機能を中心に次の内容で説明させてもらいました。

  • ConoHaのファイルマネージャー機能とは?
  • ConoHaのファイルマネージャー機能の使い方

本格的にサーバーを運用していこうとすると、このようなかゆいところに手の届く機能の有り無しが(のちのち)ボディーブローのように効いてきます。サーバー運用って結構手間がかかるんですよ。本当に。(実感)

例えば、Google先生に「あなたのサイトに◯◯エラーや△△エラーが出ているので至急対策しないと検索順位落としちゃうよ~!(ニヤッ)」的な指摘を受ける度に、PHPファイルをいじったり、いじる前にPHPファイルをローカルにバックアップしたり、と。

このような面倒な作業を支援してくれるツールの一つが(今回説明しました)「ファイルマネージャー」だったりします。

本当にやりたいこと(例:集客力のあるサイトを構築して商品・サービスの売り上げを伸ばし、ゆくゆくは独立してやる!)に集中するために、このような機能の有り無しもレンタルサーバー選びには大変重要となります!

 

れんた
繰り返しになりますが、ConoHa WINGは本ブログおすすめのレンタルサーバーですので選んで後悔しないと断言できます。レンタルサーバーでお悩みの方は、ConoHa WINGの扉を開き夢の実現に向けて羽ばたいてください!(ウィングなだけに。。)

 

\ WINGパックならドメイン1つ無料

 

-はじめてのConoHa WING

Copyright© WEBレコ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.