はじめてのConoHa WING

ConoHa WINGのバックアップ・復元手順をやさしく解説!

ConoHa WINGのバックアップ・復元手順を解説

 

「突然のサーバーの障害」「ユーザーの人為的な操作ミス」などによるデータ損失のリスクに備え、「データのバックアップ機能」がレンタルサーバーに備わっているかどうかは大変重要です。(せっかく長い時間かけて作成したブログやWebサイトといったデータ資産を一瞬のうちに失ってしまうことになっちゃいます。)

 

れんた
そこで今回は、業界ナンバーワンのバックアップ機能を有しているConoHa WINGデータバックアップ・復元手順を(初心者の方にも分かりすいように)丁寧に解説したいと思います。最後までご覧くださいね。

 

ConoHa WINGバックアップ機能の他社比較については次の記事をご確認ください。

国内最速レンタルサーバーのConoHa WING。実は速度だけではなく、データのバックアップも業界ナンバーワンなんです。

関連記事自動バックアップもConoHa WINGが優秀!最速だけではない魅力を紹介

\ WINGパックならドメイン1つ無料

 

 

[ConoHa  WING] データのバックアップ手順

 

それでは、まずはConoHa WINGのデータバックアップ手順を説明したいと思います。

ですが実は、ConoHa WINGではユーザーが何も設定しなくても次の3種類のデータ(Webデータ、メール、データベース)過去14日間分自動でバックアップしてくれるんです。(バックアップ設定しようとしてくれた方には、ちょっと拍子抜けですよね。(笑))

バックアップ対象はWebデータ、メール、データベース

【ConoHa WINGでバックアップ可能なデータ種別】

 

そのため、バックアップのための設定作業にはまったり、バックアップ設定すること自体を忘れたりする心配がないんです。特に初心者の方にとってはありがたいですねー。

 

それでは、本当に自動でバックアップしてくれているか確認してみましょう!

 

まずはConoHa WINGのコントロールパネルにログインし、トップ画面上部の「WING」タブ 「サーバー管理」の順にクリックします。

ConoHa WING コントロールパネル

 

次にサイドバーの「自動バックアップ」をクリックすると、自動でバックアップされたデータが日付の新しい順に表示されるのが確認できると思います。(次の図の右側の赤枠内になりますが、左からWebデータ、メール、データベースの順にバックアップされたデータが並んでいます。)

ConoHa WING バックアップ状況

 

しっかりバックアップされていることが確認できましたね!

注意ポイント

ちなみに各バックアップデータは過去14日間分しかサーバー上に保管されませんので、定期的にお持ちのパソコンやUSB-HDDなどにダウンロードして保存・保管しておくことをおすすめします。

 

[ConoHa WING] バックアップしたデータの復元方法

 

れんた
それでは次に、先ほどのバックアップ画面からバックアップデータを復元してみましょう。今回はWebデータデータベースの復元を試してみたいと思います。

 

まずは「Webデータ」の復元(英語では復元は「リストア」と言います)から始めます。

先ほどのバックアップ画面にて、復元したい日付のWebデータの「リストア可」をクリックすると、

リストアするWebデータを選択

 

次のような「リストアを開始しますか?」のポップアップ画面が表示されると思いますので、「リストア」ボタンをクリックします。

リストアするWebデータの確認画面

 

すると、「リストア中」という文言が表示され、すぐにWebデータのリストアが開始されます。

Webデータのリストア経過画面

 

しばらく待ち、「リストアが完了しました。」ポップアップ画面が表示されたら無事復元完了となります。(待ち時間はリストアするデータサイズに比例します。)

Webデータのリストア完了画面

 

ちなみに、リストアの履歴は同じ画面の「リストア履歴」で確認できます。(復元したWebデータは「保存先」のディレクトリに保存されています。)

Webデータのリストア履歴画面

 

 

れんた
それでは無事リストアできたかをConoHaオリジナルのファイルマネージャー機能を使って確認してみましょう。ファイルマネージャーを使うことでサーバー内のファイルをWebブラウザ上で簡単に操作できるんです。

 

それでは、コントロールパネルにて「サーバー管理」「ファイルマネージャー」の順にクリックしファイルマネージャーを起動します。

コントロールパネル ファイルマネージャーを選択

 

次のファイルマネージャー画面の赤枠の「backup_data_web」フォルダが先ほどリストアしたWebデータになります。無事リストアできているようですね。

ファイルマネージャー トップ画面

 

この復旧したデータを用いてサーバー上の壊れたファイルを差し替えて修復することができますし、また、このデータをお持ちのパソコンにダウンロードしてローカルバックアップしておくことも可能となります。(※ちなみにダウンロードは次のように対象フォルダ上で右クリックしてダウンロードできますよ。)

ファイルマネージャー バックアップファイルのダウンロード

 

 

Webデータのリストアが確認できましたので、次は「データベース(DB)」のリストアを試してみましょう!

まずは先ほどのバックアップ画面にて、復元したい日付のDBの「リストア可」をクリックすると、

リストアするデータベースを選択

 

次のような「リストアを開始しますか?」のポップアップ画面が表示されると思いますので、「リストア」ボタンをクリックします。

リストアするデータベースの確認画面

 

すると、「リストア中」という文言が表示され、すぐにDBのリストアが開始されます。

データベースのリストア経過画面

 

しばらく待ち、「リストアが完了しました。」ポップアップ画面が表示されたら無事復元完了となります。(待ち時間はリストアするデータサイズに比例します。)

データベースのリストア完了画面

 

ちなみに、リストアの履歴は同じ画面の「リストア履歴」で確認できます。(復元したDBは「保存先」に保存されています。)

データベースのリストア履歴画面

 

 

れんた
それでは、無事リストアできたかを確認してみましょう。

それでは、コントロールパネルにて「サーバー管理」「データベース」の順にクリックし、

コントロールパネル データベースメニューの選択

 

「データベース」項目に先ほどリストアしたDB(syd5843k)が表示されていることが確認できると思いますので、

リストアしたデータベースの一覧画面

 

そのDB名をクリックするとリストアしたデータベースの詳細情報(データベース名など)を確認することができます。

リストアしたデータベース詳細情報確認画面

 

ちなみに、運用しているサイトのデータベースをリストアしたデータベースに切り替えるには、サーバー上の「public_html」⇒「ドメイン名」にある「wp-config.php(WordPressの設定ファイル)」を編集する必要があります。(前述したファイルマネージャー機能を使うと簡単にファイル編集できますよ。)

設定ファイル選択

 

具体的には、wp-config.phpファイル中の「DB_NAME(データベース名)」「DB_USER(ユーザー名)」「DB_PASSWORD(パスワード)」「DB_HOST(ホスト名)」をリストアしたDBのものに変更することになります。(ファイルを編集したら保存するのを忘れないようにしてくださいね!)

設定ファイル編集

 

 

以上でバックアップ&復元手順の説明はおわりになります。無事マスターいただけましたでしょうか?(^-^)

 

れんた
今回説明させてもらいましたが、ConoHa WINGでは「Webデータ」や「データベース」といったユーザーの大切なデータを毎日自動でバックアップしてくれるんです。また、いざという時にはバックアップされたデータからたった数クリックでデータを復元できちゃいます。それに加え、サーバー上にあるデータを簡単に操作するためのファイルマネージャーなどの機能も提供されており、初心者の方でもほぼ迷うことはないと思いますよ。安心のレンタルサーバーですね!
\ WINGパックならドメイン1つ無料

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

国内最速で人気のConoHa WINGですが、実はこんなにデータバックアップ機能も「優れている」&「使いやすい」んです。

せっかく汗水流して作成したブログやWebサイトのデータ資産を失わないためにもバックアップ機能がしっかりしたレンタルサーバーを選ぶことを強くおすすめします。あとで後悔しないためにも!(^-^)

 

れんた
繰り返しになりますが、ConoHa WINGは本ブログおすすめのレンタルサーバーですので選んで後悔しないと断言できます。レンタルサーバーでお悩みの方は、ConoHa WINGの扉を開き夢の実現に向けて羽ばたいてください!(大袈裟ですかね。。)

 

\ WINGパックならドメイン1つ無料

 

-はじめてのConoHa WING

Copyright© WEBレコ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.