はじめてのアフィリエイト

無料ブログとレンタルサーバー(WordPress)を徹底比較!

 

アフィリエイトで稼ぐぞ!と決めてから最初に迷うのが「無料ブログ」と「レンタルサーバー(WordPress)」のどっちでサイトを構築すべきか?ということ。

私も最初は悩みました。

 

いきなり結論から入りますが、アフィリエイトで "稼ぐ" という観点では、

  • 将来専業も視野に入れ、本気で稼ぎたいならレンタルサーバー(WordPress)(目標:数万~数百万円/月)
  • 趣味として気軽に取り組み、小遣い程度稼ぐのでOKなら無料ブログ(目標:数千〜数万円/月)

となります。

 

詳しくはこれから説明していきたいと思いますので、どっちを選ぼうかまだ迷っている人はぜひ参考にしてください!

 

「無料ブログ」と「レンタルサーバー(WordPress)」を徹底比較

 

まずは、無料ブログとレンタルサーバー(WordPress)の違いが一目で分かるように6軸での比較表を作成しました。

 

無料ブログ レンタルサーバー(WordPress)
費用 無料 有料(サーバー代+ドメイン代)
アフィリエイト・アドセンス制限 制限あり 制限なし
デザイン(テーマ・カスタマイズ) 制限あり 制限なし
運営側の広告表示 あり なし
SEO対策 弱い(サイト公開直後は強い) 強い(サイト公開直後は弱い)
サービス閉鎖リスク あり 極めて低い

 

次に、この表の6軸それぞれについて一つずつ解説していきます。

具体的なサービスでの比較があったほうがイメージしやすいと思いますので、それぞれの人気サービス(無料ブログは「はてなブログ」、レンタルサーバーは「エックスサーバー」の例もおりまぜたいと思います!

 

今ならドメイン永久無料! 9/3まで /

 

費用

 

サイト運営にかかる費用は、無料ブログ無料であるのに対し、レンタルサーバーサーバー代ドメイン代などがかかります。

 

次の表は、はてなブログとエックスサーバーの費用比較です。

はてなブログ(無料ブログ) エックスサーバー(レンタルサーバー)
無料

1,420円/月(税込)

初期費用:3,240円(初回のみ)

サーバー代:12,960円/年(X10プラン、12カ月契約の場合)

ドメイン代:842円/年(エックスドメイン、.comの場合)

 

はてなブログとエックスサーバーの差は、月額1,420円となります。

れんた
ただし、エックスサーバーでは定期的に無料キャンペーン(初期費用、ドメイン代など)を実施してくれますのでもう少し費用を抑えることもできます。

 

費用面はやはり無料ブログの最大の特徴となりますね。

 

アフィリエイト・アドセンス制限

収益と柱となる、アフィリエイトやアドセンス。

次の表は、はてなブログとエックスサーバーのアフィリエイト・アドセンスの制限比較です。

 

はてなブログ(無料ブログ) エックスサーバー(レンタルサーバー)
・アフィリエイトは利用可能。ただし、収益が主目的だと契約違反になる可能性あり。

・Googleアドセンスは利用可能。ただし、運営側の広告も表示されるため、広告への誘導が分散。

・アフィリエイト、Googleアドセンスとも基本制限なし。(収益目的のサイトを自由に構築可能)

 

はてなブログはエックスサーバーに比べるといくつか制限があります。

アフィリエイトでは、収益が主目的のサイトはNGとされています。自身の情報発信を主目的とし、その発信に関連する商品・サービスを紹介する程度にする必要があります。(契約違反すると、せっかく作ったサイトが閉鎖されてしまいます。)

 

広告ポリシー
商用サイトへの誘導や収益を得ることを主目的とした、はてなブログの利用を認めません。

ただし、お勧めしたい商品(またはそのリンク)を自身の言葉でレビューし、読者に勧める目的で掲載される広告についてはその限りではありません。

引用元:はてなブログのガイドライン

 

またGoogleアドセンスでは、サイト内に運営側の広告が表示されてしまうため、広告への誘導が分散され、自身の広告の収益化効率がどうしても悪くなってしまいます。

はてなブログでは、有料プラン(はてなPro)への変更で運営側の広告を消すことはできますが、レンタルサーバーとの費用差は少なくなります。

(年間費用差)17,042円 − 8,434円 = 8,608円

 

あと注意点としては、どちらもアダルト系や出会い系は禁止となります。(Mixhost、カラフルボックスなどの一部のレンタルサーバーでは可能)

アフィリエイト・アドセンスをやるには自由度に勝るレンタルサーバーに軍配が上がりますね。

 

デザイン(テーマ・カスタマイズ)

 

次の表は、はてなブログとエックスサーバーのデザイン観点での比較です。

ここで、テーマは「サイトの視覚的構成を決めるテンプレートのこと」、カスタマイズは「サイトのデザインを変えたり、ブログパーツなどを追加したりすること」と定義しています。

 

はてなブログ(無料ブログ) エックスサーバー(レンタルサーバー)
テーマ(テンプレート)

 

無料テーマはデフォルトで30程度あり。ストアでテーマをダウンロードすることも可能。

数千以上の無料テーマの他、アフィリエイトに特化したSEOに強い有料テーマもあり。

カスタマイズ

 

・基本的にはカスタマイズにはCSSのコードを書く必要あり。

・WordPressと比べるとカスタマイズできる範囲が少ない。ネットの情報も少ないためハマると時間がかかる。

・様々な種類のプラグインが配布されており、簡単操作でカスタマイズ可能。

・CSSのコードを書くことで細部までカスタマイズ可能。ネットの情報も豊富で悩んだ時に困らない。

 

はてなブログの場合、そこそこテーマ(テンプレート)がありますが、量や質ではWordPressに劣ります。また、カスタマイズもWordPressに比べるとカスタマイズできる範囲が限定されます。

 

WordPressが使えるエックスサーバーでは、例えば次の例1、例2のような効果的なデザインパーツをプラグイン有料テーマのデフォルト機能により簡単操作で記事に追加できます。

例1:会話風吹き出し

Aさん
買って納得の商品でした。ほんとうにおススメです!

例2:アフィリエイトサイトへのボタン

詳しくはコチラ(ダミーです!)

 

記事に同じ内容が書かれていても、デザインによって訪問者の滞在時間は変わってきます。ライバルサイトに差をつけたいならWordPressが使えるレンタルサーバー(エックスサーバー)を選びましょう。

 

運営側の広告表示

 

次は収益性に影響してくる運営側の広告表示についての比較です。

エックスサーバー(レンタルサーバー)の場合は運営側の広告は全く表示はされませんが、はてなブログ(無料ブログ)だと表示されてしまいます。

自身の広告よりも目立つ場合も多く、より多くの収益を目指すならこの差は大きいです。パソコン用サイトの広告はそれほどでもないですが、スマホ用サイトの広告はかなり目立ってしまいます。

はてなブログのスマホ用サイトでは、運営側の広告は次のような目立つ場所に配置されています。訪問者の目を引くような広告画像が使われますので、自身の広告のライバルになってしまいます。

 

昨今スマホからのアクセスが圧倒的に多いため、この差は大きいですね。

運営側の広告表示に関しては、他の広告に邪魔されず、かつ自身の広告を自由に配置できるレンタルサーバーの勝ちですね。

 

SEO対策

 

SEO(Search Engine Optimization)対策とは、Googleなどの検索結果でサイトを上位表示させるための対策のことです。

(人気の無料ブログである)はてなブログでは、サイト公開直後(数ヶ月)のSEOは強いです。長年の運用(2011年から運用)でドメインに価値・信頼」が蓄積しており、始めたばかりのサイトでもアクセスが発生します。

対してエックスサーバーを代表とするレンタルサーバーでは、新規に独自ドメインを取得して運用を開始するため、サイト公開直後はほぼアクセスがありません。頑張りによると思いますが、3カ月〜6カ月くらいから少しずつアクセスが増えてきます。理由は、サイトがGoogleに認められてドメインの価値が上がってくるからです。

WordPressプラグイン活用によるSEO強化、快適なサイト表示、などSEOに効果あるレンタルサーバーの特徴が効いてきます。

 

参考(サイト表示速度の比較)

はてなブログ:8.7秒、エックスサーバー:1.9秒

※計測方法:WordPressテーマユニットテストデータで構築したテストサイトの表示時間をGTmetrixを用いて測定(10回実施の平均値)

 

ちなみに、サイト公開直後からのサイト訪問者数の変化ですがイメージ的には次のような感じかと思います。

 

短期的には無料ブログ、中・長期的にはレンタルサーバー(WordPress)がSEOが強いことが分かってもらえたと思います。

 

サービス閉鎖リスク

 

サービス閉鎖によるリスクは認識しておく必要があります。

はてなブログの場合から考えてみます。はてなブログはサービス閉鎖の可能性は他の無料ブログよりは低いと思いますが油断はできないです。

無料ブログで有名どころのYahoo!ブログが2019年12月15日をもってサービスを終了するとアナウンスしたことで、利用者の中で波紋が広がっていますので、はてなブログも正直分かりません。

もしはてなブログが突然閉鎖してしまった場合、翌月から収益がゼロになってしまう可能性があります。

対して(業界老舗の)エックスサーバーのサービス閉鎖リスクはかなり低いと考えています。万が一閉鎖されたとしても、「ドメインに蓄積された価値」や「サイトのバックアップデータ(Webデータやデータベース)」は残りますので、他のレンタルサーバーに引っ越してサイトを再開できます。ドメインを継続して使えば、今まで通りの収益を確保できます。

サービス閉鎖リスクの観点では、やはりレンタルサーバーに軍配が上がりますね。

 

まとめ

今回、「無料ブログ」と「レンタルサーバー(WordPress)」を6つの軸で徹底比較しました。

それぞれ一長一短はありますが、"稼ぐ" という観点では、

  • 将来専業も視野に入れ、本気で稼ぎたいならレンタルサーバー(WordPress)(目標:数万~数百万円/月)
  • 趣味として気軽に取り組み、小遣い程度稼ぐのでOKなら無料ブログ(目標:数千〜数万円/月)

といった結論になります。

ご自身が目指したい姿に向け、今回の比較が少しでも参考になればと思います!

 

れんた
ちなみに本ブログでは、レンタルサーバー(WordPress)でサイトを構築するための情報をどんどん発信していきたいと思います!

 

 

 

【初心者向け】稼げるアフィリエイトサイトの作り方を一からやさしく解説!

アフィリエイト
【絶対できる】WordPressでのアフィリエイトサイトの作り方を解説!

続きを見る

 

今ならドメイン永久無料! 9/3まで /

 

-はじめてのアフィリエイト

Copyright© WEBレコ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.