7 Days to Dieでマルチプレイ

【PC版 7 Days to Die】マルチプレイサーバーをConoHa VPSで立てる手順を解説!

2021年2月14日

 

7 Days to Die(セブンデイズトゥダイ)は、ゾンビが大発生した世界を舞台にしたサバイバルホラーゲームです。

7 Days to Dieゲーム画面

 

このゲームの最大の特徴は、何と言ってもマイクラのような建築ができるところ。建物を探索して武器や食べ物などを集め、ゾンビの襲撃に耐えうる建物を建築する。そして、7の倍数の日の夜に襲い掛かってくるゾンビの大群をどう乗り越えて生き残るかがこのゲームの醍醐味です。

 

※次の動画は、7 Days to Dieの世界観をよく表したイメージムービーになります。

 

この7 Days to Dieは一人でも十分楽しめますが、友達同士で同じワールド上で一緒にプレイする(マルチプレイする)ことでより一層楽しむことができるんです。(一人だと怖いけど仲間と一緒なら心強いですね。笑)

 

マルチプレイのイメージ

 

れんた
複数人が同じマップ上で同時に7 Days to Dieをプレイするにはサーバーを使うやり方がおススメです。そこで今回は、国内最速レンタルサーバーであるConoHa VPSを使って離れた友達とマルチプレイするためのサーバー構築手順を解説していきます。

 

\超高速サーバーをすぐに利用できる!今なら最大1カ月無料!/

 

ConoHa VPSとは?

 

れんた
ConoHa VPSは、最新CPU搭載、超高速SSDを採用した、高性能なのに簡単に使えるおススメのVPS(レンタルサーバー)となります。

 

ConoHa VPSを使うことで、複数人が同じワールド上で(7 Days to Dieを)マルチプレイするために必要となるサーバーを簡単に構築することができます。

7 Days to Dieでマルチプレイするイメージ

どのあたりが簡単かですが、ConoHa VPSでは7 Days to Die用のテンプレートイメージを提供してくれていますので、数クリックで簡単にサーバーを構築することができちゃいます。(※私が現在把握している限りでは、7 Days to Die用のテンプレートイメージを提供してくれているVPSはConoHaさんだけですね。)

ちなみに、テンプレートイメージを用意してくれていないVPSを選ぶと、コンソール画面(いわゆる黒画面)でコマンドを入力してサーバーを構築する必要があります。7 Days to Die用サーバーをダウンロードしてインストールしたり、設定ファイルを編集したり、ポートを開放したり、、、と、慣れていない方だと結構大変だったりします。

 

れんた
それでは気になるConoHa VPSの料金プランについても説明しておきます。

 

ConoHa VPSでは、次の表のようにメモリサイズ毎にプランが用意されており、メモリサイズが大きいほどサーバースペック(メモリ、CPU、SSD)が高い設定となります。

赤枠が7 Days to Die対応のプランとなっており、512MBのプランでは対応しておりませんのでご注意を。

7 Days to Die対応のConoHa VPSプラン

 

れんた
ちなみに私のおススメは2GBのプランとなります。私も契約しており、3~4人でも快適にマルチプレイできております。

 

 

ConoHaアカウントの作成方法

 

れんた
それではConoHaアカウントを作っていきます。(アカウントの作成は無料となります。)

 

まずは下記画像をクリックし、アカウント作成画面を開いてください。

\超高速サーバーをすぐに利用できる!今なら最大1カ月無料!/

 

次のようなアカウント作成画面になりますので、アカウント情報を入力します。(必須と書いてあるところだけでOKです)

ConoHa WING アカウント情報を入力

 

氏名生年月日住所(国、郵便番号、都道府県、市区、町村番号)、メールアドレスパスワード(英大文字と英小文字ならびに数字を最低1文字以上ずつ混在させた9文字以上70文字以内の文字列)を入力後、「次へ」を押してください。

 

アカウント情報の入力が完了すると次は本人確認となります。

本人確認の方法は、電話認証」SMS認証」を選べます。

SMSとは?

SMSとは「ショートメッセージサービス」の略で、電話番号宛てにチャット形式でメッセージのやり取りができるサービスのことです。

 

今回はSMS認証の場合で説明していきたいと思います。

ConoHa WING サービス申し込み時の電話/SMS認証

 

まずは「電話番号欄」にお持ちの携帯電話(スマホ)の電話番号を入力し、「SMS認証」ボタンをクリックするとショートメッセージサービスで4桁のConoHa認証コードが携帯電話にすぐに届きます。次のような感じですね。

SMS認証のためのConoHa認証コード

 

そして届いた4桁の数字を(下の図の)認証コード欄に入力し、「送信」ボタンを押して認証が完了すれば本人確認完了となります。

ConoHa WING サービス申し込み時のSMS認証コードを入力

 

ここまではノンストップでいけますよね。(^-^) 次はお支払い方法の選択となります!

ちなみに

ちなみに、次のお支払い方法を選択しても、お試し期間の10日間以内の利用でしたら費用引き落としはされませんのでご安心を!

 

お支払いは次の3種類から選ぶことになります。

  • クレジットカード払い
  • ConoHaチャージ
  • ConoHaカード

 

ConoHaチャージとは、事前にチャージを入金してサービスの利用が可能となる、前払いタイプの支払い方法です。入金手段はコンビニ、銀行、クレジットカードなどで支払いできます。

ConoHaカードとは、カードに記載のクーポンコードをコントロールパネル画面で入力するだけで、購入金額分をサービス料金の支払いに利用できるプリペイドカードのことです。ConoHaのウェブサイトやAmazonなどで購入可能となっております。(次のようなカードになります。)

ConoHaカード

 

今回は、代表的な支払い方法である「クレジットカード払い」を選択した場合で説明していきます。

ConoHa WING 申し込み時のクレジットカード情報を入力

 

クレジットカードの名義クレジットカード番号有効期限セキュリティーコード(次の図で示すクレジットカード裏面のサインパネル右上に印字されている7桁の数字のうち下3桁)を入力後、「次へ」ボタンを押してください。

クレジットカードのセキュリティーコード

 

無事確認が終われば支払い方法の選択が完了となります。アカウント作成お疲れ様でした。

 

 

7 Days to Die用マルチプレイサーバーの作成方法

 

れんた
お待たせしました。いよいよマルチサーバーの作成に移っていきますね。

 

まずはConoHaコントロールパネルへアクセスし、(アカウント作成時に登録した)メールアドレスとパスワードを使ってログインし、「VPS」タブを選択し「サーバー追加」メニューをクリックします。

ConoHaコントロールパネル VPSでサーバー追加を選択

 

次にサービスで「VPS」を選び、「1GB」「2GB」「4GB」「8GB」プランからどれか一つを選択することになります。(私のおススメは、2GBプランとなります。ちなみに、512MBプランでは7 Days to Die用サーバーを作成できませんのでご注意を。)

ConoHaコントロールパネル VPSプランを選択

 

そして、イメージタイプの「アプリケーション」で「他のアプリケーションを見る」から「7 Days to Die」を選択し、rootパスワードを入力後、画面右の「追加」ボタンを押下します。なんとこれでサーバーの作成は完了なんです。

イメージタイプのアプリケーションにて7 Days to Dieを選択

 

 

れんた
これで少し待つと7 Days to Die用サーバーの作成は完了します。びっくりするほど簡単ですよね。ついでに、7 Days to Die用サーバーへの接続の際に必要となる『IPアドレス』を確認しておきたいと思います。

 

コントロールパネル左メニューの「サーバー」メニューをクリックすると、サーバーリスト画面に先ほど作成したサーバーが表示されますので「ネームタグ(vps-xxxxx)」をクリックします。

ConoHa VPS サーバーリストを表示

 

そして、「ネットワーク情報」項目にある「IPアドレス」がサーバーのIPアドレスになりますのでメモ用紙にでも書いておきましょう。

ConoHa VPS ネットワーク情報確認画面

 

れんた
これで準備は整いました。それではマルチプレイを試してみましょう!

 

 

7 Days to Dieでマルチプレイを試してみよう!

 

れんた
それでは作成したサーバーに接続してマルチプレイできるか試してみましょう。

 

その前に

※お持ちのパソコンにPC版の7 Days to Dieアプリが入っていない方はSteamのストアで購入してください。

※また、使用するパソコンは結構スペックが要求されますので、下記サイトを参考に確認してください。

【参考】要求スペック - 7 Days to Die Japan Wiki

 

まずは7 Days to Dieアプリを起動し、「ゲームに参加」をクリックします。

7 Days to Die起動画面にてゲームに参加をクリック

 

次に、画面下にある「IPに接続しています」ボタンをクリックし、

7 Days to DIe起動画面にてIP接続をクリック

 

ポップアップ画面上段にサーバーのIPアドレスを入力し「接続」ボタンをクリックします。(下段の数字は基本そのままでOKです。)

7 Days to Die起動画面にてIPアドレスを入力し接続をクリック

 

そしてしばらく待って、次の画面のようにログインできればOKとなります。

7 Days to Dieサーバーにログイン完了

 

無事ログインできましたら友達に作成したサーバーの「IPアドレス」「ポート番号」を伝え、同じようにサーバーに接続してもらいましょう。

無事接続できれば次の画面のように同じワールドにログインできると思います!(一人だと怖いけど仲間と一緒なら心強いですね。笑)

友達も7 Days to Dieサーバーにログイン完了

 

れんた
無事マルチプレイできるようになりましたでしょうか!?

 

ちなみに、テンプレートイメージで作成したワールドの主要項目の初期値は次のようになっています。

プロパティ名 説明
WorldGenSize 2048 ワールドサイズ。大きいほど生成時間、メモリを要します。
【設定可能値】2048-4096-8192-16384
GameDifficulty 2 ゲーム難易度。数字が大きくなるほど難しくなります。5以上は上に変更後に再起動により上がります。
【設定可能値】0-1-2-3-4--567
ServerMaxPlayerCount 8 最大接続人数。増やすほどメモリが消費されます。
【設定可能値】1-40(?)

 

れんた
ついでにワールドの初期設定を変更する方法についてもお伝えしておきたいと思います。

 

まずはサーバーのコントロールパネル画面にて、コンソールアイコンをクリックしてコンソール画面を起動します。その際、ログインIDはroot、パスワードはサーバー作成時に決めた文字列となります。(※Tera TermなどのアプリログインしてもOKです。)

コントロールパネル画面にてコンソールを起動する

 

そして、/opt/7dtd/7dtd_serverにあるserverconfig.xmlファイルを編集することで設定値を変更することができます。

# cd /opt/7dtd/7dtd_server
# vi serverconfig.xml

 

serverconfig.xmlの中の変更したいプロパティ名(name)値(value)を書き換えます。

例えば、ワールドサイズを"4096"に変更する場合は、

<property name="WorldGenSize" value="4096" />

のように変更します。

そして変更し終えましたら、次のコマンドで7 Days to Die用サーバーを再起動して変更内容を反映させることができます。

# systemctl stop 7dtd
# systemctl start 7dtd

 

参考

設定ファイル(serverconfig.xml)で設定できるプロパティ情報は7 Days to Die Japan Wikiをご覧ください。

 

れんた
ConoHa VPSを使うと、こんなに簡単に7 Days to Die用のマルチプレイサーバーを構築することができちゃうんです。驚きですよね。ぜひ、探索・建築・クラフト・戦闘を楽しめる「7 Days to Die」で友達や家族と絆を深めていってくださいね!

 

以上で今回の記事は終了となります。お疲れ様でした!(^^)

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、大人気サバイバルホラーゲーム『PC版 7 Days to Die』を離れた友達とマルチプレイするためのConoHaサーバー構築手順を解説しました。

本ブログ記事を元にトライいただいた方には感じてもらえたと思いますが、ConoHa VPSを使えば本当に簡単(数クリック)に7 Days to Dieでマルチプレイできる環境が作れちゃうんです。驚きですよねぇ。

コロナウィルスの問題でなかなか外出ができない今(2021年2月時点)、探索・建築・クラフト・戦闘を楽しめる「7 Days to Die」でぜひ友達や家族と絆を深めていってくださいね!(^^)/

 

\超高速サーバーをすぐに利用できる!今なら最大1カ月無料!/

-7 Days to Dieでマルチプレイ

© 2021 WEBレコ Powered by AFFINGER5