7 Days to Dieでマルチプレイ

【PC版 7 Days to Die】Steam機能を使ったマルチプレイのやり方を解説

 

7 Days to Die(セブンデイズトゥダイ)は、ゾンビが大発生した世界を舞台にしたサバイバルホラーゲームです。

7 Days to Dieゲーム画面

 

このゲームの最大の特徴は、何と言ってもマイクラのような建築ができるところ。建物を探索して武器や食べ物などを集め、ゾンビの襲撃に耐えうる建物を建築する。そして、7の倍数の日の夜に襲い掛かってくるゾンビの大群をどう乗り越えて生き残るかがこのゲームの醍醐味です。

 

※次の動画は、7 Days to Dieの世界観をよく表したイメージムービーになります。

 

この7 Days to Dieは一人でも十分楽しめますが、友達同士で同じワールド上で一緒にプレイする(マルチプレイする)ことでより一層楽しむことができるんです。(一人だと怖いけど仲間と一緒なら心強いですね。笑)

 

マルチプレイのイメージ

 

れんた
そこで今回は、離れた友達とマルチプレイする方法の一つであるSteam機能を使ったやり方にトライしてみたいと思います!

 

Steam機能を使ったマルチプレイ概要

 

れんた
離れた友達とPC版 7 Days to Dieをマルチプレイする方法はいくつかありますが、今回はその中の一つであるSteam機能を使ったマルチプレイを試していきます。

 

参考記事こちら☟の記事ではその他のマルチプレイ方法も紹介していますのでご参考までに。

【PC版 7 Days to Die】マルチプレイするやり方をやさしく解説!

続きを見る

 

Steam機能を使ったマルチプレイは、ホスト側PC上で7 Days to Die用サーバーを起動し、ゲスト側PCからSteamサーバー経由でホスト側PCにログインしてマルチプレイする方法となります。

Steam機能を使ったマルチプレイ環境

【Steam機能を使ったマルチプレイの説明図】

 

それでは、次の3つのステップで説明していきたいと思います。

  1. ホストとゲストがフレンドになる
  2. ホスト側PCで7 Days to Die用サーバーを起動する
  3. ゲスト側PCからホスト側PCの7 Days to Die用サーバーに接続する

 

れんた
それでは、さっそく手順1の「ホストとゲストがフレンドになる」から始めます。

 

 

手順①:ホストとゲストがフレンドになる

 

れんた
まずは、ホストとゲストがフレンドになっておく必要がありますのでフレンド登録していきます。

 

前提条件

※ホスト側PCとゲスト側PCにSteamアプリ7 Days to Dieアプリがインストールされている前提で説明します。インストールがまだの方はインストールしておいてください。

 

ホスト側PCでの手順

ホスト側PCでSteamアプリを起動し、(Steamアプリに)ログイン後、上部メニューの「フレンド」から「フレンドを追加」をクリックします。

ホスト側でフレンドを追加する

 

そして、フレンド追加画面にて10桁数字の「フレンドコード」を確認し、招待するゲスト(友達全員)に伝えます。

フレンド追加画面にてフレンドコードを確認する

 

ゲスト側PCでの手順

ゲスト側PCでSteamアプリを起動し、(Steamアプリに)ログイン後、フレンド追加画面にて、ホストから伝えられた「フレンドコード」を入力し「招待を送信」ボタンを押下します。

フレンド追加画面にてフレンドコードを入力する

 

ホスト側PCでの手順

ホスト側PCのSteamアプリ画面上部にあるメッセージアイコンに通知が表示されますので、アイコンをクリック後、「1通の新しい招待」を選択し、

1通の新しい招待あり

 

次の画面にて「承諾」ボタンをクリックします。これでフレンド登録が完了となります。

新しいフレンド招待を受諾する

 

 

手順②:ホスト側PCで7 Days to Die用サーバーを起動する

 

れんた
次は、ホスト側PCで7 Days to Die用サーバーを起動したいと思います。

 

まずはホスト側PC上で7 Days to Dieアプリを起動し、起動画面にて「新規ゲーム」をクリックします。

7 Days to Dieの起動画面で新規ゲームをクリック

 

次に、「サーバー可視性」で友達のみを選択、「ゲームパスワード」でサーバーの接続時に要求するパスワードを入力し、「スタート」ボタンをクリックします。

サーバーの起動をスタートする

 

れんた
この画面ではその他にも様々な設定が可能となっておりますので、次のサイトの「ゲームを始める際の設定」を参考にしてもらえればと思います。

【参考】ゲームの始め方 - 7 Days to Die Japan Wiki

 

作成したワールドにログインできましたら、友達が入ってくるのを待ちましょう。(先ほど入力した「パスワードをゲスト全員に伝え、手順③のやり方でサーバーに接続してもらってください。)

7 Days to Dieサーバーにログイン完了

 

 

手順③:ゲスト側PCからホスト側PCの7 Days to Die用サーバーに接続する

 

れんた
最後は、ゲスト側PCから(ホスト側PCの)7 Days to Die用サーバーに接続してマルチプレイできるか確認したいと思います。

 

まずはゲスト側PC上でSteamアプリを起動し、上部メニューの「フレンド」から「フレンドリストを表示」をクリックします。

Steamアプリにてフレンドリストを表示する

 

次にホストとなるフレンドを見つけて「フレンド名」の右端をクリックし、

ホストとなるフレンドを選択

 

表示されるメニューの中の「ゲームに参加」をクリックします。

ゲームに参加をクリックする

 

そしてしばらく待つと次のようなサーバーパスワード入力画面が表示されますので、ホストとなるフレンドにおしえてもらったサーバーのパスワードを入力し「送信」ボタンをクリックします。

サーバーパスワードを入力する

 

無事接続できれば次の画面のように同じワールドで友達と会えると思います!(一人だと怖いけど仲間と一緒なら心強いですね。笑)

友達も7 Days to Dieサーバーにログイン完了

 

れんた
無事同じワールドに入れましたでしょうか?もし入れない場合は、上の手順を再度見直してくださいね。

 

 

もっと快適にマルチプレイしたい方へ!

 

今回の記事で説明させてもらいましたSteam機能を使ったマルチプレイは、無料でマルチプレイが出来る反面、いくつか制限があります。

  • ホストがプレイを止めるとゲストもプレイできなくなる。
  • ホストPCが低スペックだと安定したプレイができない。
  • あまり大人数ではプレイできない。
  • ホストがワールドデータを消してしまう可能性がある。
  • 事前にホストとゲストがフレンドになっておく必要がある。
  • MODでプレイする場合は、ホストとゲストの全てのPCにMODをインストールする必要がある。

 

れんた
そこで、より快適にマルチプレイを楽しむためにはレンタルサーバーを使ったやり方をお勧めしています。興味のある方は、ぜひ次の記事を参考にしてみてくださいね。

 

オススメ記事ConoHa VPSを使ったやり方はこちらをご覧下さい。

 

以上で今回の記事は終了となります。最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、離れた友達とPC版7 Days to Dieをマルチプレイする方法の一つであるSteam機能を使ったやり方を解説しました。

事前にホストとゲストがフレンドになっておく必要がある、とか、ホストがプレイを止めるとゲストもプレイできなくなる、などいくつか制限がありますが、無料でマルチプレイを楽しめることが分かっていただけたと思います。

コロナウィルスの問題でなかなか外出ができない今(2021年2月時点)、探索・建築・クラフト・戦闘を楽しめる「7 Days to Die」でぜひ友達や家族と絆を深めていってくださいね!(^^)/

 

れんた
ちなみに私のオススメは、(私も遊んでいる)レンタルサーバーのConoHa VPSを使ったやり方です。大人数でもストレスなく快適にマルチプレイできるので大満足しています。皆さんもぜひ味わってみてくださいね。

 

オススメ記事ConoHa VPSを使ったやり方は、こちらの記事をご覧くださいね。

-7 Days to Dieでマルチプレイ

Copyright© WEBレコ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.