Assetto Corsaでマルチプレイ

【PC版Assetto Corsa】首都高MODを使って友達とマルチプレイするやり方を解説

2021年3月20日

 

Assetto Corsa(アセットコルサ)は、発売されてかなり経ちますが今でも根強い人気があるレースシミュレーションゲームです。

実在するスポーツカーやサーキットが忠実に再現されており、現実さながらのリアル&大迫力のドライビングを体感できるのがこのゲームの最大の特徴です。最近では、Assetto Corsaを使ったeスポーツの大会も開かれています。

Assetto Corsaのイメージ

 

れんた
以前こちらの記事でレンタルサーバーを使ったマルチプレイのやり方を解説しましたが、今回はさらに定番MOD『首都高MOD』を導入してマルチプレイできるか試してみたいと思います。

 

【PC版 Assetto Corsa】マルチプレイサーバーをConoHa for GAMEで立てる手順を解説!

つづきを見る

 

首都高MODを導入すれば、この動画のように(自分が走ったことがある)首都高でレースができちゃうんです。(警察に捕まることもなし。笑)

 

 

 

自分と友達のパソコン(クライアント)に首都高MODを導入する

 

れんた
それでは自分と友達のパソコンに首都高MODと関連ソフトを導入していきます。(どちらもは無料となります。)

 

Assetto Corsaアプリを持っていない場合

※お持ちのパソコンにAssetto Corsaアプリが入っていない方はSteamで購入してインストールしてくださいね。

 

首都高MODをインストールする

れんた
それでは首都高MODのインストールから始めたいと思います。

 

首都高MODは、首都高を再現するMODプロジェクト「Shutoko Revival Project」にアクセスし、ニックネームを入力してログインしShutoko Revival Projectチャンネルの#track_downloadsに入ります。

Discordのtrack_downloadsをクリックする

 

そして、「Links」のGoogleドライブから首都高MOD(SRP MAIN_0.9.1_OFFICIAL.7z)をダウンロードします。

LinksのGoogleドライブから首都高MODをダウンロードする

 

ダウンロードしたファイルを解凍する(7-Zipなどの無料ツールで解凍することができます)と、「content」フォルダが生成されますので、assettocorsaフォルダにそのままコピーします。上書きしますか?、と聞かれた場合はYesでOKです。

首都高MODのフォルダをassettocorsaフォルダにコピー

 

assettocorsaフォルダの調べ方

assettocorsaフォルダが分からない場合は、次の手順で確認してください。

①Steamを開き、Assetto Corsaアプリのプロパティをクリックする。

SteamにてAssetto Corsaのプロパティをクリック

②ローカルファイルメニューを表示し参照ボタンをクリックする。

Steamにてローカルファイルを参照

 

これで首都高MODのインストールは完了となります。簡単ですね!

 

Custom Shaders Patchをインストールする

れんた
次に首都高MODでプレイするために必須となるCSP(Custom Shaders Patch)をインストールします。(これを入れないと道路が青くなったりします。)

 

このCSPはAssetto Cora Content Manager(多機能なAssetto Corsaの管理ソフト)で簡単にインストールできますので、まずはContent Managerをこちらのサイトからダウンロードします。(こちらも無料となります。)

Custom Shaders Patchをダウンロードする

 

そして、ダウンロードしたContent Managerを起動し、CSPをインストールしていきます。

Content Manager起動画面にて、①SETTINGS②CUSTOM SHADERS PATCH③ABOUT & UPDATEの順にクリックし、④で0.1.68版をダウンロードします。

Content Manager画面でCustom Shaders Patchをインストールする

 

画面中に「Updated successfully」と出ればOKです。

これでクライアント側の準備は完了です。次にマルチプレイするためのサーバーを準備していきたいと思います。

 

 

マルチプレイするためのサーバーを契約する

 

れんた
Assetto Corsaでマルチプレイするためにはいくつかの方法がありますが、レンタルサーバーでのやり方がオススメです。今回もレンタルサーバー「ConoHa for GAME」を使いたいと思います。

 

参考記事レンタルサーバーがおすすめの理由はこちら☟の記事で書いています。

【PC版 Assetto Corsa】マルチプレイするやり方をやさしく解説!

つづきを見る

 

ConoHa for GAMEとは?

れんた
ConoHa for GAMEは、最新CPU搭載、超高速SSDを採用した、高性能なのに簡単に使えるおススメのVPS(レンタルサーバー)となります。

 

ConoHa for GAMEを使うことで、複数人が同じワールド上で(Assetto Corsaを)マルチプレイするために必要となるサーバーを簡単に構築することができます。

Assetto Corsaでマルチプレイするイメージ

どのあたりが簡単かですが、ConoHa for GAMEではAssetto Corsa用のテンプレートイメージを提供していますので、数クリックで簡単にサーバーを構築することができちゃいます。

ちなみに、テンプレートイメージを用意してくれていないVPSを選ぶと、コンソール画面(いわゆる黒画面)でコマンドを入力してサーバーを構築する必要があります。Assetto Corsa用のサーバーをダウンロードしてインストールしたり、設定ファイルを編集したり、ポートを開放したり、、、と、慣れていない方だと結構大変だったりします。

 

れんた
それでは気になるConoHa for GAMEの料金プランについても説明しておきます。

 

ConoHa for GAMEでは、次の表のようにメモリサイズ毎にプランが用意されており、メモリサイズが大きいほどサーバースペック(メモリ、CPU、SSD)が高い設定となります。

Assetto Corsaは1GBプランからプレイ可能となりますが、私のおすすめは2GBプランとなります。

ConoHa for GAMEのメモリプラン

 

れんた
私は2GBプランを契約しており、3~4人でも快適にマルチプレイできております。

 

ConoHaサーバーのアカウント作成&プラン選択

れんた
それではConoHaアカウント作成&プラン選択を行っていきたいと思います。

 

まずは次のキャンペーン画像からConoHaのサイトにアクセスし、「今すぐクーポンをもらう」をクリックします。

\ かんたん、すぐ遊べるマルチサーバー!今なら最大1カ月無料!/

 

初めてご利用の方はメールアドレスパスワード(※英大文字と英小文字ならびに数字を最低1文字以上ずつ混在させた9文字以上70文字以内の文字列)を入力後、「次へ」ボタンを押してください。

メールアドレスとパスワードを入力

 

まずは希望のプランを選択です。最初に、①並べられたアイコンの中から今回マルチプレイしたい「Assetto Corsa」を選択します。

マルチプレイするゲームを選択

 

次に、②料金タイプ((※最初は、時間課金2GBプランで試してみるのがおすすめです)を選択し、③rootパスワード(※作成したマルチプレイサーバーにログインする際に使用します)を入力します。

料金タイプを選択後、rootパスワードを入力

ConoHa for GAMEの料金プランについて

  • 時間課金は、スポット利用におすすめのプラン。1時間毎の料金制で使った分だけの支払いとなります。1ヶ月利用した場合でも月額料金を超えて支払いは発生しないので安心です。
  • 長期割引パスは、1カ月以上の利用におすすめのプラン。契約期間が長いほど割引率がアップし、期間は1カ月/3カ月/6カ月/12カ月/24カ月/36カ月から選択できます。

 

そして、オプションメニューのセキュリティグループに「IPv4v6-SSH」項目を追加し、最後に「追加」ボタンを押下します。(※手元のパソコンなどからConoHaのサーバーにファイルをアップロードするための許可となります。)

セキュリティグループを追加

 

次はお客様情報の入力です。(*必須と書いてあるところだけでOKです。)

お客様情報の入力

 

氏名生年月日住所(国、郵便番号、都道府県、市・区、町村番号)、電話番号を入力後、「次へ」ボタンを押してください。

 

アカウント情報の入力が完了すると次は本人確認となります。本人確認の方法は、電話認証」SMS認証」を選べます。

ちょっと補足

SMSとは「ショートメッセージサービス」の略で、電話番号宛てにチャット形式でメッセージのやり取りができるサービスのことです。

 

今回はSMS認証の場合で説明していきたいと思います。次の画面の電話番号欄にお持ちの携帯電話(スマホ)の電話番号を入力し、「SMS認証」ボタンをクリックします。

SMS認証を実行

 

すぐに、携帯電話にショートメッセージサービスで4桁の認証コードが届きます。次のような感じですね。

SMS認証のためのConoHa認証コード

 

そして届いた4桁の数字を(下の図の)認証コード欄に入力し、「送信」ボタンを押して認証が完了すれば本人確認完了となります。

認証コードを入力

 

ここまではノンストップでいけますよね。(^-^) 最後はお支払い方法の選択です。

ちなみに

ちなみに、次のお支払い方法を選択しても、お試し期間の10日間以内の利用でしたら費用引き落としはされませんのでご安心を!

 

お支払いは次の2種類から選ぶことになります。

  • クレジットカード払い
  • ConoHaチャージ(事前にコンビニ、銀行、クレジットカードなどで入金するやり方)

 

今回は、代表的な支払い方法である「クレジットカード払い」を選択した場合で説明します。

クレジットカード情報を入力

 

クレジットカードの名義カード番号有効期限セキュリティーコード(※クレジットカード裏面のサインパネル右上に印字されている7桁の数字のうち下3桁)を入力後、「次へ」ボタンを押してください。

クレジットカードのセキュリティーコード

 

無事登録が終われば、アカウント作成&プラン選択は完了となります。お疲れさまでした。

 

 

MODでマルチプレイするためのサーバー設定をする

 

作成したConoHaサーバーのIPアドレスの確認

れんた
ConoHaサーバーが作成できたと思いますので、サーバーへの接続の際に必要となるIPアドレスを確認しておきます。

 

まずはConoHaコントロールパネルへアクセスし、(先ほど登録した)メールアドレスとパスワードを使ってログインします。(※ログイン状態の場合は本作業は不要となります。)

 

そして、画面上部の「GAME」タブを選択すると、サービス欄に先ほど作成したサーバーの情報が表示されていると思います。

 

そこに表示されている「xxx.xxx.xxx.xxx(xは数字)」がサーバーのIPアドレスですのでパソコンのメモ帳アプリやメモ用紙にでも書いておきましょう。(※ちなみに、IPアドレスの横にあるアイコンをクリックすると、クリップボードにコピーされますので便利ですよ。)

 

それでは、作成したConoHaサーバーに首都高MODを使うためのサーバー設定をしていきましょう!

 

サーバー設定ファイルの作成&サーバーの起動

れんた
次にマルチプレイで首都高MODを使えるようにサーバー設定ファイルを作成していきます。サーバー設定ファイルの作成にはAssetto Corsaアプリに同梱されているツールを使います。

 

まず、Assetto Corsaアプリのインストールディレクトリにある「server」フォルダに移動します。

※Assetto Corsaアプリのインストールディレクトリが分からない場合は、「首都高MODをインストールする」の章で確認してください。

そして、serverフォルダの中にある「acServerManager.exe」を起動します。

acServerManagerを起動する

 

次のようなAssetto Corsa Server Manager画面が表示されますのでお好みに合わせた設定を行います。

まずは「Settings」タブName(サーバー名)Password(パスワード)を設定しておきます。Nameはサーバーを検索するときに必要となりますので分かりやすい名前を設定しておきましょう。また、Passwordはサーバーにログインする際に必要となりますのでこちらも設定しておきましょう。

サーバーマネージャーでNameとPasswordを設定する

 

また、「Tracks」タブの中で今回MOD追加しました首都高コースが選べますので選択します。(今回は、Tatsumi PAを選択します。その他に、ドライブアシストや使用できる車両なども設定できます。)

Tracksで首都高コースを選択

 

そして一通り設定が終わったら画面下にある「Export」ボタンをクリックし、デスクトップなどの分かりやすい場所にサーバー設定ファイルを書き出します。

各種設定を行ってExportする

 

指定した場所に「entry_list.ini」「server_cfg.ini」が生成されますので、この2つの設定ファイルをサーバーにアップロードしてください。

【参考】サーバーへのアップロード方法

サーバーへのアップロードは、WInSCPを使うと簡単にできます。

WinSCPのアイコン

【WinSCPの使い方】
①アプリを起動後、サーバーアドレスとユーザ情報を入力しサーバーに接続。

②アップロードしたいフォルダやファイルを右側領域にドラッグ&ドロップ。

WinSCPの使い方

 

サーバーへのアップロードが終わったら、サーバーのコントロールパネル画面からコンソール画面を起動します。(その際、ログインIDはroot、パスワードはConoHaサーバー作成時に決めた文字列となります。)

コントロールパネル画面にてコンソールを起動する

 

コンソール画面にログインできたら、下記コマンドを実行しサーバー設定ファイルを上書きし、

 

最後下記コマンドを実行してサーバーに反映させます。

 

れんた
これで首都高コースでマルチプレイするためのサーバー構築は完了となります。お疲れさまでした。

 

 

マルチプレイを試してみよう!

 

れんた
それでは構築したサーバーに接続して首都高コースでマルチプレイできるか試してみましょう。

 

まずはAssetto Corsaアプリを起動し、「Main Menu」を選択します。

Assetto Corsaを起動しMain Menuを選択

 

次に、「Drive」ボタンを選択後、

Assetto Corsa起動画面にてDriveを選択

 

画面上部にある「Online」ボタンを選択します。

Assetto Corsa起動画面にてOnlineを選択

 

そして、サーバー設定ファイルの作成時に決めたサーバー名を検索窓に入力して「Enter」キーを押します。

Assetto Corsa起動画面にてサーバーを検索

 

少し待つとサーバーが見つかると思いますので見つかったサーバーを選択後、

Assetto Corsa起動画面にて見つかったサーバーを選択

 

サーバー設定ファイルの作成時に決めたサーバーのパスワードを入力し、車を選択後、「join」ボタンをクリックします。

Assetto Corsa起動画面にてパスワードを入力しjoinボタンを選択

 

無事サーバーにログインできるとレースにエントリーできますので、一緒にプレイする友達を待ちます。

サーバーにログインし一緒にプレイする友達を待つ

 

そして、一緒にプレイする友達にサーバー名サーバーのパスワードを伝え、同じようにサーバーにログインしてもらいましょう。無事ログインできればレースにエントリーできると思います。

一緒にプレイする友達もサーバーにログイン完了

 

これでレースを開始すれば首都高コースでマルチプレイすることができるようになると思います!

首都高で離れた友達とマルチプレイ

 

れんた
無事マルチプレイできるようになりましたでしょうか!?もし出来なかった場合は再度手順を見直してみてくださいね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、大人気レースシミュレーションゲーム『Assetto Corsa』に首都高MODを導入して、離れた友達とマルチプレイするためのやり方を解説しました。

本ブログ記事を元にトライいただいた方には感じてもらえたと思いますが、ConoHa for GAMEを使えば本当に簡単にマルチプレイできる環境が作れちゃうんです。驚きですよねぇ。

リアルなドライビングを体感できる「Assetto Corsa」で友達との絆を深めていってくださいね!(^^)/

 

れんた
その他、専用サーバーでマルチプレイできるおすすめのドライブシミュレータゲームを以下の記事紹介しています。合わせて見てもらえると嬉しいです。

 

オススメ記事自分専用サーバーでマルチプレイできるおすすめのドライブシミュレータゲームを紹介!

 

\ かんたん、すぐ遊べるマルチサーバー!今なら最大1カ月無料!/

※ 当ページのリンクにはPRが含まれています。

-Assetto Corsaでマルチプレイ

© 2024 WEBレコ Powered by AFFINGER5