Rustでマルチプレイ

【Steam版 Rust】ConoHaサーバーにプラグインを導入しマルチプレイする方法を解説

2022年6月12日

 

Rust(ラスト)は、オープンワールドを舞台とした過酷なサバイバルFPS。裸一貫でゲームが始まり、飢えや渇き、寒さの対策をしつつ、限られた資源を集め、その資源を使って武器や道具、拠点を作っていく。そして、大自然や敵と格闘しながら本ゲーム最大の目的である「生き残ること」を目指します。

このRustは、(2022年1月に)販売本数1200万本を突破したということからもその人気の高さがうかがえます。(参考記事

Rustのゲームシーン

 

次のオフィシャル動画を見てもらえれば、Rustの魅力がよくわかると思います。(超ハイクオリティなグラフィックで再現された世界は圧巻ですよ。w)

 

このRustは一人でも十分楽しめますが、友達同士で同じワールド上で一緒にプレイする(マルチプレイする)ことでより一層楽しむことができるんです。(友達と一緒にプレイすると面白さも倍増ですよね。)

Rustのマルチプレイイメージ

 

Rustは通常モードでも十分楽しむことができますが、せっかくなら拡張機能(プラグイン)を使って遊ばない手はないですよねぇ~。

そこで今回は、管理人おススメのレンタルサーバーであるConoHa VPSプラグインを導入してより楽しく遊ぶための環境を作ってみたいと思います!(^-^)/

 

れんた
本記事では以下の順で「ConoHaサーバーにプラグインを導してマルチプレイするまでの手順」をなるべく分かりやすく解説していきたいと思います。

 

 

ConoHaサーバーのアカウントを作成する

 

れんた
まずはConoHaアカウントを作成していきたいと思います。(※アカウントの作成は無料となります。)

 

まずは下記よりConoHaのWebサイトにアクセスし、「今すぐお申し込み(or 今すぐクーポンをもらう)」にてアカウント作成を開始します。

\超高速サーバーをすぐに利用できる!今なら最大2カ月無料!/

 

次のようなアカウント作成画面になりますので、アカウント情報を入力してください。(必須と書いてあるところだけでOKです。)

ConoHa WING アカウント情報を入力

 

氏名生年月日住所(国、郵便番号、都道府県、市区、町村番号)、メールアドレスパスワード(英大文字と英小文字ならびに数字を最低1文字以上ずつ混在させた9文字以上70文字以内の文字列)を入力後、「次へ」ボタンを押してください。

 

アカウント情報の入力が完了すると次は本人確認となります。

本人確認の方法は、電話認証」SMS認証」を選べます。

SMSとは?

SMSとは「ショートメッセージサービス」の略で、電話番号宛てにチャット形式でメッセージのやり取りができるサービスのことです。

 

今回はSMS認証の場合で説明していきたいと思います。

ConoHa WING サービス申し込み時の電話/SMS認証

 

まずは「電話番号欄」にお持ちの携帯電話(スマホ)の電話番号を入力し、「SMS認証」ボタンをクリックするとショートメッセージサービスで4桁のConoHa認証コードが携帯電話にすぐに届きます。次のような感じですね。

SMS認証のためのConoHa認証コード

 

そして届いた4桁の数字を(下の図の)認証コード欄に入力し、「送信」ボタンを押して認証が完了すれば本人確認完了となります。

ConoHa WING サービス申し込み時のSMS認証コードを入力

 

ここまではノンストップでいけますよね。(^-^) 次はお支払い方法の選択となります!

ちなみに

ちなみに、次のお支払い方法を選択しても、お試し期間の10日間以内の利用でしたら費用引き落としはされませんのでご安心を!

 

お支払いは次の3種類から選ぶことになります。

  • クレジットカード払い
  • ConoHaチャージ
  • ConoHaカード

 

ConoHaチャージとは、事前にチャージを入金してサービスの利用が可能となる、前払いタイプの支払い方法です。入金手段はコンビニ、銀行、クレジットカードなどで支払いできます。

 

ConoHaカードとは、カードに記載のクーポンコードをコントロールパネル画面で入力するだけで、購入金額分をサービス料金の支払いに利用できるプリペイドカードのことです。ConoHaのウェブサイトやAmazonなどで購入可能となっております。(次のようなカードになります。)

ConoHaカード

 

今回は、代表的な支払い方法である「クレジットカード払い」を選択した場合で説明していきます。

ConoHa WING 申し込み時のクレジットカード情報を入力

 

クレジットカードの名義クレジットカード番号有効期限セキュリティーコード(次の図で示すクレジットカード裏面のサインパネル右上に印字されている7桁の数字のうち下3桁)を入力後、「次へ」ボタンを押してください。

クレジットカードのセキュリティーコード

 

無事支払い方法の登録が終われば、アカウント作成は完了となります。

 

 

ConoHaサーバーを作成する

 

れんた
それでは作成したアカウントでConoHaサーバーを作成していきましょう。

 

ConoHaのコントロールパネルにログインし、「VPS」タブを選び、左サイドメニューの「サーバー追加」を選択します。

コントロールパネルでサーバーを追加する

 

次のような「サーバー申し込み画面」が表示されるので、リージョン「東京」サービス「VPS」プラン「8GBプラン」イメージタイプ「CentOS(Steam9(64bit))」を選びます。

そして、rootパスワードを入力して、右側の「追加ボタン」をクリックしてサーバー追加完了となります。(約10秒くらいでサーバーの追加処理が完了します。)

サーバー詳細情報を入力

メモ

※Rust用サーバーは8GB以上のメモリが推奨されているため(参考サイト)、今回は8GBプランを選択します。

 

無事サーバーの追加ができたところで、割り振られたサーバーの『IPアドレス』を確認しておきたいと思います。

左サイドメニューの「サーバー」を選んだ後に、サーバーリストに今回追加したサーバーが表示されると思いますので「ネームタグ」を選択します。

サーバーリストでネームタグを選択

 

そして、その画面に「IPアドレス」という項目がありますので、この数字をどこかにメモしておきましょう。

ConoHaサーバーのIPアドレスを確認

 

れんた
次は、今回作成したサーバーでRust用マルチプレイサーバーを構築していきたいと思います。

 

 

Rust用マルチプレイサーバーを構築しプラグインを導入する

 

Rust用サーバープログラムのインストール

れんた
まずは、ConoHaサーバーにRust用サーバープログラムを導入していきます。

 

ConoHaのコントロールパネル画面にある「コンソールアイコン」をクリックしてコンソール画面を起動します。その際、ログインIDは"root"、パスワードは先ほど決めた文字列となります。(※Tera TermなどのアプリログインしてもOKです。)

コントロールパネル画面にてコンソールを起動する

 

コンソール画面が起動しましたら、Rust用サーバープログラムを導入するために必要となるライブラリSteamCMDというプログラムを導入します。(※3行目の<VERSION>部分は、あなたのサーバー環境にインストールされたlibstdc++ファイルのバージョンに合わせてください。)

 

次に、起動したSteamモード上で匿名ユーザ(anonymous)としてログインし、Rust用サーバープログラムをインストールします。無事インストールできましたらSteamCMDを終了します。(※force_install_dir実行後に「Please use force_install_dir before logon!」と表示されるかもしれませんが、無視してもらってOKです。)

 

はてな

※app_updateで指定した「258550」はSteamで管理されているRust用サーバプログラムのIDを示しています。

 

Rust用サーバーの起動確認

れんた
次に、Rustサーバーの起動を確認していきます。

 

さきほどインストールしたRust用サーバープログラムのあるディレクトリに移動し、起動用スクリプトを作成します。

 

起動用スクリプト「startrust.sh」には、以下の内容を記述します。(この際、IPAddressHereと書かれている箇所は先に構築したConoHaサーバー環境の情報を記述ください。)

#!/bin/sh
clear while : do
exec ./RustDedicated -batchmode -nographics \
-server.ip IPAddressHere \
-server.port 28015 \
-rcon.ip IPAddressHere \
-rcon.port 28016 \
-rcon.password "rcon password here" \
-server.maxplayers 75 \
-server.hostname "My Custom Server Name" \
-server.identity "my_server_identity" \
-server.level "Procedural Map" \
-server.seed 12345 \
-server.worldsize 3000 \
-server.saveinterval 300 \
-server.globalchat true \
-server.description "Description Here" \
-server.headerimage "512x256px JPG/PNG headerimage link here" \
-server.url "Your Website Here"
echo "\nRestarting server...\n" done

 

そして、起動用スクリプトの権限変更を行い、起動用スクリプトを実行しRust用サーバーを起動させます。

 

Rust用サーバーの起動にはしばらく時間がかかりますが(約5分程度)、コンソール画面上に「Server startup complete」や「SteamServer Connected」といったメッセージが表示されたら起動完了となります。(一旦、Ctrlキー+Cキーでサーバーを終了させておきます。)

 

Rust用サーバーにプラグインを導入する

れんた
それでは次に、Rust用サーバーにプラグインを導入していきます。

 

まずはこちらのサイトからRust用プラグインを入れるための仕組みであるOxideをダウンロードします。(※Linux build版をダウンロードしてください。)

Rust用のOxide uModをダウンロードする

 

そして、ダウンロードしたZIPファイル(Oxide.Rust-linux.zip)を作成したConoHaサーバー上に転送し、次のコマンドを実行してOxideを導入します。(※サーバーへの転送はWinSCPなどのツールを使えば簡単にできます。)

 

再度Rust用サーバーを起動・終了させた後にoxideディレクトリが作成されていればOKとなります。

 

次は、プラグインを導入していきます。今回は、Gather Manager(資源の採掘、採取量をX倍にするプラグイン)というプラグインを導入したいと思います。

Gather Managerは、こちらのサイトからダウンロードしてください。

Gather Managerをダウンロードする

 

ダウンロードしたcsファイルを先ほどと同じようにConoHaサーバー上に転送し、次のコマンドを実行してoxide配下にあるプラグイン用フォルダに配置します。

 

それでは、ここで再度Rust用サーバーを起動・終了させると、/opt/rust_server/oxide/configにGatherManager.jsonというファイルが作成されていると思いますので、そのファイルに資源の採掘、採取量の倍数を設定してみます。(今回は、木材の採取量100倍にしてみます。)

Gather Managerの設定ファイルを変更

 

"GatherResourceModifiers": {
"Cloth": 2.0,
"Metal Ore": 2.0,
"Stones": 2.0,
"Sulfur Ore": 2.0,
"Wood": 100.0
},

 

これでプラグインの導入作業は完了となります。

 

【おまけ】Rustサーバーにパスワードを設定するやり方

  1. こちらのサイトからAuthenticationプラグインをダウンロード
  2. プラグインをサーバーに転送し、/opt/rust_server/oxide/pluginsにコピー
  3. Rustサーバーを起動→終了
  4. /opt/rust_server/oxide/config/Authentication.jsonを編集("PASSWORD"を入力、"PREVENT_CHAT"をfalseに変更)
  5. 再度Rustサーバーを起動

Rustアプリからサーバーにログインすると、Rustアプリの画面上に「Type /auth [password] in the following 30 seconds ...」と表示されるので、Shift+Tコマンドなどで「Global Text Chat」を起動し、設定したパスワードを入力すれば認証完了となります。

 

ファイアウォールのポート開放

れんた
最後に、Rust用サーバーのファイアウォールのポート開放を行い、Rust用サーバーを起動させます。

 

初期状態ではRust用サーバーへのアクセスはファイアウォールでブロックされていますので、パソコンからアクセスできるようにファイアウォールのポートを開放しておきます。Rustでは、TCP/UDPの28015-28016番を開放しておく必要があります。

 

そしてRustサーバーを起動しプラグイン設定を読み込ませて準備完了となります。次はいよいよパソコンから接続していくことになります。

 

 

マルチプレイできるか試してみる

 

れんた
それではいよいよプラグインを導入したサーバーに接続してマルチプレイできるか確認していきます。

 

まずはSteamアプリを起動し、ウィンドウ左上にある「表示」をクリック後、出てきたメニューにある「サーバー」を選択します。

Steamの表示メニューにてサーバーを選択

 

次に、ウィンドウ左上にある「お気に入り」タブを選択し、ウィンドウ右下の「サーバーを追加」ボタンをクリックします。

お気に入りタブでサーバーを追加

 

そして、ConoHaサーバー作成時にメモしましたサーバーのIPアドレスポート番号(28015)をテキスト領域に入力し「このアドレスをお気に入りに追加」ボタンをクリックします。(※サーバーのIPアドレスとポート番号の間にはコロンを挟みます。)

サーバーのIPアドレスを入力しお気に入りに登録

 

次の画面のようにお気に入り登録したサーバーが表示されますので、(接続するサーバーを)選択し、ウィンドウ右下にある「接続」ボタンをクリックします。

お気に入り登録したサーバーを選択し接続ボタンをクリック

 

接続できるまでしばらく待ち、無事ログインできたら木を叩いて木材の採取量を確認してみましょう。

次のように、1回の木材の採取量が100倍に増えていればプラグインの導入確認OKとなります。(設定前の1回の木材の採取量は+3程度でした。)

Gather Managerプラグイン(MOD)の効果を確認

 

あとは、友達にサーバーIPアドレスとポート番号、パスワードを伝え、同様の手順でサーバーに接続してもらうと一緒にプレイできるようになると思います。

 

注意ポイント

友達とマルチプレイしていてレスポンスが遅い場合は、ConoHaのメモリプランをグレードアップするなどトライしてみてください。

 

ちょっと長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、オープンワールドを舞台とした大人気サバイバルFPS「Rust」用のプラグインをConoHaサーバーに導入して問題なくマルチプレイできるか?を解説させてもらいました。

「プラグインって難しそう、、、」って思っていた方もコツさえ分かれば意外と簡単に導入できることを実感いただけたのではないでしょうか!?

せっかく友達とマルチプレイを楽しむならとことんこだわりたいですよねー。

今回試しました『Gather Manager』以外にも様々なプラグインがありますので、あなたならではのRustの世界にカスタマイズして友達との絆を深めていって下さいね!(^^)/

 

\超高速サーバーをすぐに利用できる!今なら最大2カ月無料!/

-Rustでマルチプレイ

© 2022 WEBレコ Powered by AFFINGER5